×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ミュゼ六地蔵《ネット予約限定》お得なキャンペーン!

HOME > 脱毛サロンで施術をうけるよりは、家庭用脱毛器で 】

脱毛サロンで施術をうけるよりは、家庭用脱毛器で

脱毛サロンで施術をうけるよりは、家庭用脱毛器で済ませてしまう方がいいかもと思う方もいるかもしれないのです。実際、簡単に出来るところはあります。しかし、家庭用脱毛器を使う場合、目の届かない部分のむだ毛を処理するのはなかなか困難です。そのような点を考慮すると、やはり脱毛サロンに通う方がより確実なのではないでしょうか?いろんな脱毛エステの格安キャンペーンをハシゴされる方がいらっしゃいます。


お得な価格で脱毛しつづけられたり、いろんな脱毛サロンをくらべたりできるというメリットもありますが、一貫した形でサービスはうけられないので、しっかり脱毛が出来ているか分かりづらいというところがあります。
個人的にはやっぱり一つのところでじっくり行うが良いのではないでしょうか。


襟足のむだ毛を処理する時、気を付けないといけない点があります。
襟足に隣接する髪の毛の脱毛は、法律で禁じられているため、人によっては、やりたいうなじのスタイルを作りづらいところがあります。


もう一点、髪の毛の近くのむだ毛は、結構、しぶといので、根気よくつづけていきましょう。何歳になったら脱毛を行えるのか、調べてみると、小学徒になったらうけられるところが、あるとのことです。

ただ未成年の場合は、書面で親の同意書が求められたり、条件は当然出てきます。その一方、学徒だと、時間はフレキシブルに取れやすいので、その時期に、脱毛しても良いのではと思います。
脱毛後は、激しい運動(最初はウォーキングや踏み台昇降などから始めると、体に負担が掛からないでしょう)をしてはいけないのです。なぜそうなのかというと、脱毛をうける際は、光を照射することによって、毛穴が開き、運動(最初はウォーキングや踏み台昇降などから始めると、体に負担が掛からないでしょう)して汗をかいたりすると、細菌が毛穴から入り込んでしまうからです。その上、熱を帯びた肌が、もっと熱を帯びて、いろんなお肌の原因となってしまうため、気を付けましょう。
脱毛をうける際、ちゃんと照射されたと感じても時々、出て来るのが、照射漏れなんです。やっかいなことに照射漏れは、施術の時、基本的に分かりないのです。脱毛後、2週間ぐらいしてから毛がサラッと抜けてきて分かるようになってくるのです。

なので、やはり脱毛は六地蔵のミュゼみたいにスタッフが全員正社員というようなところで、脱毛をするべきです。
脱毛エステで使われている脱毛法は、光脱毛という人法です。1990年代の後半から光脱毛は、日本でも一般的に使われるようになってきました。レーザー脱毛と比較すると、少し弱い光を照射しているため、、それほど痛みがなく、お肌にあまり負担が掛かりないのです。



ミュゼなどの脱毛サロンで採用されているSSC方式の脱毛も光脱毛の一種ですが、「痛いのはイヤ」という人はうけてみたらいいでしょう。どこの脱毛サロンだったら満足できるか、検討する際、脱毛法も検討すべきですが、スタッフのレベルも結構重要なんです。

性能が優れた機械を使っていたとしても、スタッフに技術力がないと、照射漏れが起こったり、痛みをもっと感じてしまうからなのです。だからこそ、サロンを選択する際は、スタッフの対応や技術を確認しておきましょう。
脱毛エステで施術をうける時は、極力、日焼けは避けた方が良いと言われています。


どうしてそうなのか説明すると、レーザー脱毛も光脱毛も照射する光をメラニン色素のある部分に当てて、脱毛が出来るようになっているからです。そのため、日焼けしてしまうと肌のメラニン色素が増加し、光がより集中して当たってしまい、より痛みが強くなってしまうりゆうなのです。

脱毛に必要な費用は、10年前ぐらいとくらべてみると信じられないほど値段が下がりました。
脱毛エステの数も増えてきたところがあり、競争を生き抜くための企画を展開しています。キャンペーンをうける場合は、価格だけに惑わされることなく、うけられる施術の回数や、通常での価格、あと全部で幾ら掛かるかなど、広い視野に立って、しっかりチェックしましょう。

関 連 記 事

メニュー